事業

オリンピアンふれあい交流事業 -柔道教室(佐賀県)

オリンピアンふれあい交流事業 -柔道教室(佐賀県)

イベント概要

イベント名 平成19年度 オリンピアンふれあい交流事業 -柔道教室(佐賀県)
(子どもゆめ基金助成事業)
日 時 2007年9月1日(土) 会 場 佐賀県総合体育館
主 管 佐賀県柔道協会 主 催 NPO法人日本オリンピアンズ協会
後 援 佐賀県教育委員会
佐賀県体育協会
協 力 財団法人日本オリンピック委員会
和歌山県女性スポーツ連盟
協賛 NPO法人東京オリンピック招致委員会 運営協力 佐賀県柔道協会少年部

開催レポート

高校総体の開催や佐賀北高校の甲子園優勝と、この夏スポーツで多いに盛り上がった佐賀県の県総合体育館にて、9月1日(土)オリンピアンふれあい交流事業(柔道教室)を開催し、県内の柔道教室に通う小学生約300名が参加しました。
開会式では、まず主催者を代表しOAJ三宅義信常務理事より挨拶があり、自身が獲得したローマオリンピックの銀メダル・東京オリンピック・ミュンヘンオリンピックの金メダルを見せながら、子どもたちにメッセージを伝えました。
続いて佐賀県柔道協会 相良哲朗会長より挨拶をいただき、今回の事業の講師であるオリンピアンの柏崎克彦さん、小林貴子さん、日下部基栄さんが紹介されました。
開会式終了後オリンピアンを囲んで記念撮影が行なわれ、続いて実技指導がスタートしました。
まず始めに柏崎さんによる準備運動が行なわれ、いつもの練習とは違う2人1組になって行なう準備運動に、子どもたちは楽しみながら取り組んでいました。
続いて実技指導では、日下部さん、小林さん、柏崎さんの順番で1人ずつ得意技を中心に子どもたちに指導を披露されました。参加者は目の前で見るオリンピアンの技を食入るように見て、説明を真剣に聞いていました。
実技指導後は子どもたちからオリンピアンへ質疑応答が行なわれ、子どもたちから「オリンピック選手はどの位練習しているのか?」、「柔道の技は自分で考え出すものなのですか?」といった質問1つ1つに丁寧に答えられていました。
最後に閉会式では、オリンピアンからの感想と子どもたちへのメッセージをいただき、閉会となりました。

PAGE TOP

指導の様子

  • まずは準備運動まずは準備運動
  • 小林さんが背負い投げの指導小林さんが背負い投げの指導
  • 寝技の全体練習寝技の全体練習
  • アドバイスをする柏崎さんアドバイスをする柏崎さん
  • 日下部基栄大外刈りの手本を見せる日下部さん1
  • 日下部基栄大外刈りの手本を見せる日下部さん2
PAGE TOP

講師(オリンピアン)プロフィール

  • 柏崎 克彦

    柏崎 克彦

    (かしわざき かつひこ)

    モスクワオリンピック 代表 (1980)

  • 小林 貴子

    小林 貴子

    (こばやし たかこ)

    バルセロナオリンピック 出場 (1992)

  • 日下部 基栄

    日下部 基栄

    (くさかべ きえ)

    シドニーオリンピック 銅メダリスト (2000)
    アテネオリンピック 出場 (2004)

PAGE TOP
オリンピック出場経験のある方へ 未入会のオリンピアンはコチラをクリックしてください
日本オリンピアンズ協会 事務局
〒150-0041 東京都渋谷区神南2丁目1番1号
国立代々木競技場内
TEL:03-5738-3047